吉野家HD、福島でコメ作り=牛丼用、コスト削減狙う

牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングス(HD)は1日、福島県白河市にコメや野菜を生産する農業生産法人「吉野家ファーム福島」を設立 したと発表した。来春から牛丼用のコメの作付けを始める。生産された農作物は全量を吉野家が買い取る方針で、同社は食材の仕入れコスト削減を狙う。
農業法人は地元農家との共同出資で、資本金は1000万円。農場面積は4.3ヘクタール。タマネギや青ネギ、キャベツなども栽培する。2017年度には 農場面積を約13ヘクタールに拡大する計画。同年度のコメの収穫量目標は約35トンとしている。吉野家では現在、年間約3万トンのコメを使用しており、約 0.1%に当たる。

 

良いことなんじゃないですかね。

勿論、吉野家としても思惑があってのことで、福島県に対する奉仕活動ではないんでしょうけど。

福島の農家の方たちは、風評被害などでかなり厳しい状況になっているはず。

地元農家としてはありがたい話だろうし、双方ともに思惑が合致してのことなのではないだろうか。

まぁ、吉野家が足元を見ていなければですけどね。

吉野家は吉野家でライバルとの競争が激しくて厳しいから、そんなことしないかな。

こういった取り組みを大企業が率先して行ってくれるといいですね。