絶滅しないガラケー

急速に普及するスマートフォンの陰で、「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ばれる従来型携帯電話の出荷台数も堅調に推移しているらしい。法人や高齢者の底堅い需要に加え、電池の持ちを含めた使い勝手の良さやスマホの約半額という維持費の安さに惹かれ、スマホからガラケーに戻ってくる需要も市場を下支えしているという。パナソニックなどは新機能を搭載した機種の投入や新サービスをはじめ、ガラケーの需要掘り起こしを進めているそうだ。
一時期より勢こそ衰えたものの、平成26年度のガラケーの出荷台数は1040万台で、パソコンやデジタルカメラ、薄型テレビを上回る規模を維持しているという。
スマホよりもガラケーが優位に立つ点として、端末の頑丈さや電池の持ちを含めた使い勝手の良さが挙げられるが、最も大きいのは維持費の安さだろう。MM総研の調査では、スマホの月額平均利用料金が6283円なのに対し、ガラケーは約半額の3260円だそうだ。余計な機能をそぎ落とすことで端末価格を安く抑えているのも売りとなっているとのこと。
スマホとガラケー、タブレット端末とガラケーを持つ「2台持ち」や法人向けの需要が市場を下支えする。それらに加え、「いったんはスマホを買ってみたが、機能を使い切れなかったり、慣れ親しんだガラケーの方が良いと戻ってくる需要も増えている」ことも、ガラケーが”絶滅”市内要因となっているそうだ。
ガラケーもカメラの画素数を高めたり、無線通信規格に対応するなどの機能充実も進んでおり、新サービスも提供され始めたという。
今後もガラケーがなくなることはなさそうだ。

生命体のいる惑星

国際科学研究チームは、英科学誌ネイチャーで論文を発表した。
論文によると、生命体が発見される可能性がこれまでで最も高いとされる地球に似た太陽系外惑星を3つ発見したという。
この3惑星は地球からわずか39光年離れた地点で周回しており、その大きさと温度は地球や金星に匹敵しているため、生命体の存在が期待できるそうだ。
論文の主執筆を手掛けたベルギー・リエージュ大学天体物理学者マイケル・ギロン氏は、「太陽系外で生命の化学的痕跡を発見した初めての機会」している。惑星の状態や、距離など現在の科学技術で大気圏が分析できるという。
論文では、この3惑星に液体の水や生命に適した一定の気温を保つ地域が存在する可能性があるとされている。
ギロン氏は「銀河系全体でみれば、こうした惑星が数十億個存在するだろう」と語ったという。
「むこうの星」でも同じように、地球の研究が進んでいたら面白い。実際その星に飛んで、研究できるようになるのはいつだろう。

SMAP中居正広が熊本の小学校でお忍び炊き出し

人気グループのSMAPの中居正広さんが4月24日、熊本地震の被災者300人以上が避難している熊本市立長峰小学校でお忍びで炊き出しを行いました。この度、同小への取材でこのことが分かりました。
黒いニット帽にサングラス姿、そしてマスクをし、素性を隠した上で中華鍋を振り、チャーハンを提供しました。
炊き出し後には、被災者の疲れとエコノミークラス症候群を心配してか、マッサージチェア1台と電動足もみ器3台のほかにも、子供向けのおもちゃを贈呈しました。
中居は、東日本大震災の際にも福島県にお忍びで炊き出しに行っています。

高校生がサンクスと労働協約

コンビニエンスストア「サンクス」でアルバイトとして働く埼玉県の高校3年生の男子が、労働組合「ブラックバイトユニオン」を通じて労働協約を結んだそうだ。店の運営会社と「賃金支払いは1分単位」とすることが柱だという。高校生が労働協約を結ぶのは珍しいことだ。
高校生が働く店では賃金が15分単位で計算され、15分に満たない時間分は「タダ働き」させられていたという。労働協約は、1分単位で賃金を支払う仕組みに改め、アルバイトを含む従業員約70人に未払い賃金計約500万円を支払う内容という。高校生は「行動することが大きなことだと実感した」と話したそうだ。
また、フランチャイズ本部が提供している店の勤務管理システムが、15分未満の労働時間を切り捨てることができる仕組みは不適切として、ユニオンが15日、サークルKサンクスに改善を申し入れたとのこと。同社広報は「店には1分単位での賃金計算を推奨している。システムを見直すかどうかはコメントを控えたい」としているという。
こうした企業が他にもまだあるのかもしれない。ぜひとも改善していってもらいたいものだ。

スイス、物流地下に移す構想

スイスのCST(Cargo Sous Terrain)が、国内の物流物流を地下で行う構想を打ち出した。地下にいくつかの物流拠点をもち、地下から自動で動く貨物機が荷物を運ぶというものだ。何かしらのやり方で物流拠点にさえ運べば、貨物機が自動配送してくれるシステムとなる。
同社は、2030年までに稼働させるとし、スイスのベルン・ゾロトゥルンからチューリヒまでの67キロメートルを最初の目標とした。
構想に至った理由は、2010年から2030年までで貨物が45%増加すると推測されたからでスムーズな物流により社会の活性化が期待される。
今ある地下鉄やトンネルとは別に貨物機を動かすことから、既存の交通網にとらわれない物流増加が見込まれるとして、政府の支援を受けられるとされている。
同社は投資家に、構想の支援を募っている。
物流が地下で展開されれば、CO2や騒音の削減も期待できるという。
一連の仕組みは公式がYouTubeで動画を配信し説明している。日本も入り組んだ地下鉄の通路をこういったことで活かせないものか。

SW次回作、2017年12月公開へ

米ディズニーとルーカスフィルムは1月下旬、人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの次回作品について、当初の予定よりもおよそ7か月遅れとなる、2017年12月に公開する予定と公式サイトで発表しました。
シリーズ8作目となる次回作は、2012年公開のSF映画の「ルーパー」で監督と脚本を担当したライアン・ジョンソン氏がメガホンを取ります。
出演者には、シリーズ最新作の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のアダム・ドライバー、オスカー・アイザック、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガらが名を連ねている。
両社によると、次作に向けた準備が現在進められており、来月にも英ロンドンでの撮影が始まる予定とのこと。
また、シリーズ9作目は、2019年5月24日の公開が予定されています。

充電できる路線バスが増加

すずめのキャラクター「にしちゅん」があちこちに顔をのぞかせるカラフルなラッピングバス。東京の多摩地区西部を中心に路線を広げるバス会社、西東京バスが2015年12月から運行を始めた「にしちゅんバス」だ。
「にしちゅん」は2014年度の「ゆるキャラグランプリ」でバス会社としては1位になったという同社のキャラクターだそうだ。2台ある「にしちゅんバス」はそれぞれ絵柄が違い、高尾山の天狗のお面をつけたにしちゅんや、羽村市や福生市などのB級グルメを手にした姿などが車体の側面などに描かれている。「乗って楽しい車をコンセプトにした」というだけあって、外観だけでなく車内にも座席や壁、天井までイラストが描かれ、子どもたちの人気を集めそうな「にしちゅんバス」だが、車内にはほかにも注目すべき点があるという。
中央のドアより後ろ、一段高くなった部分の窓側にはコンセントがズラリ。実はこのバス、車内で携帯電話やスマートフォンの充電ができる「電源バス」なのだ。コンセント付きの電源バスは「にしちゅんバス」2台を含めて23台。通常の塗装のバスでも前面に「電源バス」のマスクを掲げているので見つけるのは簡単だそうだ。現在のところ、八王子市やあきる野市など、奥多摩地区を除く各路線で走っているという。
「電源バス」が登場したのは2015年の7月。西東京バスは比較的長距離の路線が多く、「市街地まで20分以上かかる路線もある」ため、乗車時間の長い利用者に向けたサービス向上の一環として導入されたそうだ。コンセントの個数は大型車が12個、中型車が8個。電源はバッテリーから供給し、追加搭載したインバーターで家庭用電源と同じ交流に変換しているという。電源はスマホや携帯電話専用で、電気使用量の大きいパソコンなどは充電できないそうだ。
コンセント付きの路線バスは、他のバス会社でも導入が始まっているそうだ。京成グループの京成タウンバスは西東京バスより早く、2014年7月からコンセント付きのバスを運行しているという。こちらもコンセントは携帯電話・スマホの充電用とのこと。今後も新車の投入に合わせて増やしていく方針だという。
バス車内ではネット接続ができるWi-Fiサービスの提供も一般化してきた。Wi-Fiやコンセントの提供は「バス離れ」対策として注目されているようだ。

スリラー売り上げ新記録

2009年に50歳で急死したマイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」が、新記録を更新した。
米CBSニュースによると、全米レコード協会が現地時間16日スリラーが米国内で3000万枚を売り上げ、マイケルがプラチナム・アルバムを30回にわたり獲得した最初のアーティストになったことを発表したという。
スリラーは、1982年にリリースされ世界で合計1億枚を売り上げており、海外でより人気があることを証明した。このアルバムにはマイケルの代表的ヒット曲「今夜はビート・イット」「ビリー・ジーン」などが収録されており、タイトル曲の「スリラー」のミュージックビデオは史上最も有名なミュージックビデオのひとつとされている。
全米レコード協会によると、現時点でマイケルの記録を追うのはイーグルスのヒット曲を集めたアルバムだという。こちらは2900万枚を売り上げている。
マイケルの死後も音楽の人気は高まり、マイケルの遺産管理委員会は今年5月にマイケルの未発表曲を集めたアルバム「エスケイプ」を世界一斉発売したという。
誰でも絶対耳にしたことがあるマイケル・ジャクソンの音楽は、これからも廃れることはなく記録を更新していくのだろう。

老後の新たな暮らし方に「高齢者シェアハウス」という選択肢

これまで、老後の住居といえば、「自宅」に住み続けるか、または老人ホームなどに入るかの選択肢しかなかったですよね。
しかし、ここ近年、シニアの新たな暮らし方として、注目を集めているのがあります。
それが、他人と共同で暮らす「シェアハウス」。
年を重ねて、独り暮らしは不安や寂しさがありますが、一方のシェアハウスは老人ホームは気が進まないという考え方の人の活用が増えつつあるといいます。
シェアハウスは主に2タイプあります。
ひとつは「高齢者向けシェアハウス」、もう一つは年齢を問わない「多世代型シェアハウス」です。
たとえば、神奈川・伊勢原市にある「グループハウス欅」は高齢者向けのシェアハウスとして住居を提供しています。
定員は6人で、「65歳以上」が入居の条件になっています。
現在は、なんと101歳、90歳、86歳が入居中とのこと。認知症にならない限りは、生涯暮らせるといいます。
一方の東京・南阿佐ケ谷にある「ガーデンカフェ・プリエ阿佐ケ谷」は多世代型nシェアハウス。
閑静な住宅街にある一軒家で、石畳のオープンガーデンが印象的です。
現在は、30代と60代の男性と4人の女性が暮らしているといいます。
選択肢が増えてきた高齢者の住み方。孤独死などの悲しい死が問題視されている世の中。
このような「シェアハウス」の選択もいいのかもしれませんね。

腕がキーボードに?NECが開発

日本電気(NEC)は5日、作業者の腕を仮想キーボード化する新しいユーザーインターフェイス(UI)「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発したことを発表した。
「アームキーパッド」は、作業者の前腕に仮想キーボードを表示し、キーボード入力を可能にする技術。ウェアラブルグラスとウェアラブルウォッチを連携させることで、高度・高精度なタッチ入力の認識が可能だという。入力は腕へのタッチによって半ベルするとのこと。
手元を見ると、すぐに仮想キーボードが出現し、入力が開始可能。そのため、ハードウェアコントローラーのようにデバイスを取り出す、手に持つといった動作は不要となっている。また仮想キーボードのため、利用シーンに合わせてキーレイアウトを変更するといった使い方もできるとのこと。
ウェアラブルグラスの導入が進んでいる、設備保全・保守点検や検品、在庫管理と言った現場業務での利用を想定している。今後はアームキーパッドを活用したAR設備点検ソリューション、保守帳票管理ソリューションを開発し、警備、流通、医療などの業務にも適用する予定とのこと。
まるでSF映画のような技術が現実のものとなってきた。夢のある話だ。