ジャッキー・チェン再び大失態!「地震と津波は世界を救う」失言にブーイング―香港

2013年10月23日、最新作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンで訪米中のジャッキー・チェンが、「地震と津波は世界を救う」という意味の失言をしていたことが明らかになった。ニュースサイトの香港新浪網(SINA)が伝えた。

中華圏では“失言キング”としても知られる。最新の監督&主演作「ライジング・ドラゴン」のキャンペーンのため訪米中、このほどカリフォルニア州で地元メディアのインタビューに応じ、再び問題発言をしたことが明らかになった。
中国とアメリカの今後の関係について聞かれたジャッキーは、「米国人と中国人が手を結ぶだけじゃない。世界中が手を結ぶべきだ」と、自身の平和論を前置き。さらに続けて、「こう言っては何だが、世界のどこかの国で災害が起こればいいと思う。例えば、大地震や大津波のように。そういう時は、世界中が救援に立ち上がるだろう?そういうのを見ると、うれしく思うんだ」と、驚きのコメントを口にした。
さらにジャッキーは続けて、「地震や津波がなければ、みんなやることがない。そうなると政治を盾に攻撃し合うことになる。そういったものは見たくない」と発言している。
今回の発言に、ジャッキーの地元・香港では「心ない言葉」として、市民や世論が大きく反応。ネット上では、「また失言か」「香港の恥だ」「いい加減にしてくれ」といったジャッキー批判の声が殺到。ジャッキーと言えば今年1月、香港メディアのインタビューで「アメリカは世界最大の汚職国家」と発言し、世間の反感を買ったばかり。このためネットユーザーの間からは、「その大嫌いなはずのアメリカに、映画を売りに行ったのか?」との声も聞かれている。

 

この人、元々こういう人だったのかな?

以前は特に失言なんてなかったように思うけど、最近は失言なんてレベルじゃないよね。

ひどすぎる。

特に今回はなんだ?

ただのバカなのか?

言っていいことと悪いことの区別がつかないなんてレベルではない。

正気とは思えない。

「地震や津波などの災害が起こったときは、各国が協力し救援を行う。地震や災害が起こることは望まないが、そうやって各国が協力しているのを見るのが好きだ。」と言いたかったのか?

なにも災害が起こったことで例える必要なんてないと思うけどね。

誰か注意してやれよ(笑)