天皇賞・秋出走予定のダークシャドウが“場外転落”のアクシデント

22日朝、天皇賞・秋(27日=東京)に出走予定のダークシャドウが調教中にラチを飛び越えるアクシデントが起こった。
同馬は美浦トレセンのD(ダート)コースの向正面で何らかの原因で左後ろ脚を蹴った際に、下半身がコース外に投げ出される形となった。これでパニックになった馬は暴れて側溝にはまり込み、騎乗者は必死で脱出を試みた。その後馬場担当の関係者が駆けつけラチを外して馬を“救出”した。
馬運車に乗せられて馬場を後にしたが、今週(天皇賞・秋)の出否を含め動向が注目される。

 

珍しいアクシデントですね。

写真を見ると、馬がお尻から側溝にはまってしまっている。

しかも、設置されているラチの外側。

どうして?と思うような光景です。

動画は観てないけど、かなり暴れただろうし、馬は大丈夫なのかな。

どのようにラチを超えたのか、どのようにしりもち状態になったのか、詳しくはわかりません。

レースに出走できるかどうかもそうですが、けがが心配ですね。

無事だといいですが。