ソニー「はじめに顧客ありき」でなく「はじめに技術ありき」

デジタルカメラも軽量化、高機能化がすすむなか、ソニーが発表したワイヤレスカメラの一種、通称「レンズだけカメラ」の「DSC-QX10」と「DSC-QX100」について、大前研一氏が解説する。
* * *
ソニーが先日発表した新商品が、スマホと組み合わせる「レンズだけカメラ(レンズ型デジタルスチルカメラ)」だ。高級コンパクトデジタルカメラ並みの高画質が売りのモデルと光学10倍ズームのモデルがある。
しかし、カメラはすでにスマホに搭載されているわけで、それよりも高画質や高倍率ズームにするために接続するレンズ型カメラという発想が、私にはよくわ からない。カメラに高性能を求めるユーザーは一眼レフや高級コンデジを買うだろう。そこまで高いレベルは求めないが、もっときれいな写真をスマホで撮りた いというユーザー向けなら、今あるスマホのカメラ性能を向上させればよい。
現にソニーのXperia「Z1」やアップルのiPhone「5s」は、撮像素子(イメージセンサー)を大型化し、レンズも明るくすることで画質を最新 のコンデジに匹敵するレベルに向上している。となると、レンズ型カメラのニーズがどこにあるのか、邪魔なレンズ型の物体をわざわざ持ち歩く人がどういう人 なのか、ますますわからなくなる。
これまでスマホになかった機能―たとえばプロジェクターになったり、プリンターやファクスとつながったりする機能―をスマホに付加できるような商品であ ればともかく、中途半端に大きなレンズ型カメラをスマホにくっつけるという発想は非常にプアだと思う。どういうお客さんに、どういうTPOで使ってもらい たいと考えているのか、私には理解できない。
結局、今のソニーは「はじめに顧客ありき」の“カスタマー・イン”ではなく、「はじめに技術ありき」の“プロダクト・アウト”の会社なのである。

 

これ、そのとおりですよね。

この解説をしている「大前研一」という人、まともなこと言うこともあるんですね。

ソニーは、何がしたいんだろう?

誰もがスマホを持っていて、誰でも手軽に写真を撮ることができる。

その写真が高画質で取れるなら、なおいいでしょうということなのかな。

最近、スマホでもそうだけど、ソニーはやたらとカメラにこだわりますよね。

スマホの本来の役割はなんなのか?

アップルだと明快に電話ですよね。

多機能な電話。

だからっといってはなんだけど、音楽を聴くにしても音質が悪いし、写真を取るにしても中途半端。

なぜなら、電話だから。

そういうことなんじゃないかな?

でも、ソニーはなんなの?

以前は音質にこだわっていた、今は高画質の写真。

でも、電話です。

どちらも拘ってはみたけど、所詮はスマホ。

本当に音質にこだわるなら別のメディア、本当に高画質の写真にこだわるなら一眼レフのカメラ使うんじゃないのかな?

なんで中途半端なものだすのかな。

これが売れたら本当に驚きです。