トヨタHVが1、2位独占=トップ10に軽6車種―13年度上期

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4日発表した2013年度上期(4~9月)の車名別販売台数は、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車 (HV)「アクア」が12万7993台で首位となった。2位もトヨタのHV「プリウス」(12万1634台)となり、燃費性能の高いHVが1、2位を占め た。
燃費性能に加え、維持費が安い軽自動車の人気も引き続き高く、3位がホンダの「N BOX」、4位はダイハツの「ムーヴ」、5位はスズキの「ワゴンR」と軽が続いた。トップ10のうち6車種が軽となった。

 

やっぱりハイブリッド強いですね。

すっかり認知されたようですね。

一時期、ガソリンが高騰した際に火がついたエコカーブームだが、すっかり定着したようだ。

実際にアクアは、かなり見かける。

プリウスが売れ出した時には、納車になるのがかなり先で、販売台数の割には見かけるようになるのが遅かったように思うが、アクアはみるみる見かけるようになったと思う。

メーカーもある程度見越していたんでしょうね。

アクアは1位だし、もちろん凄いけど、プリウスは相変わらず強いですね。

2位にはなってしまったけど、1位との差はわずか。

ゆーざーにしたら、やっぱり本家が良いんですかね。

まぁ、なんにせよエコ意識が高くなるのはいいことでしょう。