花火大会屋台事故で露天商の渡邉容疑者逮捕

京都府警捜査第一課と福知山署の特別捜査班は2日、福知山花火大会での屋台爆発炎上事故で、火元となったベビーカステラの露店を営業していた大阪市生野区巽北、とび職、渡邉良平容疑者(38)を業務上過失致死傷罪で逮捕したと発表した。
事故は8月15日午後7時30分からの福知山花火大会が始まる直前、会場の福知山市音無瀬橋下流左岸河川敷で起きた。
渡邉容疑者は、露店の照明用電源として動かしていた発電機にガソリンを給油しようとして、携行缶のエア調整ねじをゆるめて内圧を下げるか、人のいない安 全な場所へ運んでからキャップを開けなければならない業務上の注意義務を怠り、その場で漫然とキャップを開けたためガソリンを一気に噴出、プロパンガスの 火に引火爆発させ、周囲にいた花火見物客3人を全身やけどで死亡させ、54人に重軽傷を負わせた疑い。

 

この事故が起こってから既に1か月半。

まだ、逮捕されていなかったんですね。

ニュースで報道されていた状況から判断する限り、どう考えても作業をしていた露天商に責任があるとしか思えませんでした。

そう思ったのは私だけではないでしょう。

事情を聴いたり、確証を得るために確認などしていたんでしょうけどね。

でも時間かかりすぎじゃないですか?

露天商が逃げて行方不明とかなら仕方ないけど、そうじゃないんだから。

冤罪なんて言う心配もなかったわけだし、もっと早く逮捕してもよかったように思いますね。