<パナソニック>個人向けスマホ撤退へ 基地局事業も売却か

パナソニックは国内の個人向けスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)事業から撤退する方向で最終調整に入った。携帯電話事業は営業赤字が続いており、 既にNTTドコモに今冬以降、新製品を供給しない方針を固めていた。携帯電話基地局事業も売却する方針で、不採算事業の一つである携帯関連事業を抜本的に 見直し、経営再建につなげる。

 

得策ではないかと思う。

せっかくだけどパナソニックだけでなく国内のメーカーのスマホに魅力を感じない。

機能、デザイン、値段全てである。

今現在、私も国内メーカーのスマホを使っているが、次は絶対にiphoneにするつもりである。

おサイフケータイやワンセグなど、多機能な「ガラスマ」に手を出してしまったが、ひどすぎる。

メーカーだけの責任ではないだろう。

でも、もう国内メーカのアンドロイドスマホは買わない。

家族でiphoneを使っているから余計である。

あまりにも違いすぎる。

同じように考えている人は多いだろう。

機能的に優れていて、値段も安い。

それを選ばない理由がない。

ということで、国内メーカーは撤退するべきと思います。

なぜなら、同じように考えている人が沢山いたら、元々多くない販売台数がこれまでよりも更に減る。

新しい機種を開発する開発費は数百億円と聞く。

撤退するべきでしょうね。

今すぐに。