お好み焼き店で客がソース容器の出し口を鼻に突っ込み写真 「道とん堀」が店の営業自粛

お好み焼きチェーンを展開する「道とん堀」(東京都福生市)は8月24日、千葉県内の店舗内で客が不適切な行為をした写真がTwitterに投稿されていたとして、対応が完了するまでこの店の営業を自粛することを明らかにした。写真を投稿した客は特定しており、事情を確認した上で今後の対応を検討するという。

写真は6月中旬に投稿されたもので、若い男性4人のうち1人がソースとマヨネーズの容器の出し口を鼻に突っ込んでおり、その下には道とん堀のロゴがはいった箱が見える。

同社によると店舗は「市川鬼高店」(千葉県市川市)。判明した時点で営業をいったん終了し、これまで使っていたソースとマヨネーズの容器を廃棄。新しい容器へ入れ替える措置が完了するまで営業を自粛するという。

今後は衛生面の管理強化を徹底し、調味料セットの見直しも図るとしている。

 

馬鹿どもの暴走が止まらない。

先日も取り上げた、飲食店での不衛生な行動の写真をTwitterに投稿するという馬鹿な行動。

これまでは従業員が問題行動を起こし、従業員はクビになり、お店は営業を自粛したり閉店したりしている。

会社の運営上実害が出ており、お店によっては損害賠償請求をするという。

当然のことである。

未成年であってもきっちり責任を取らせてほしいと思う。

けっこうな問題になっているのに、まだ問題行動が発生している。

今回は、従業員ではなく客である。

当事者たちは、ただ面白がってのことなんだろうが、ひどすぎる。

客であろうと、その客が未成年であろうと店はきっちりと責任を取らせるべきである。

そうでもしなければ、その店の信用はがた落ちで、利用者も減る事だろう。

店側にとっては、まったくもって迷惑なだけとは思うが、適切な対応をしていただきたい。