高校生がサンクスと労働協約

コンビニエンスストア「サンクス」でアルバイトとして働く埼玉県の高校3年生の男子が、労働組合「ブラックバイトユニオン」を通じて労働協約を結んだそうだ。店の運営会社と「賃金支払いは1分単位」とすることが柱だという。高校生が労働協約を結ぶのは珍しいことだ。
高校生が働く店では賃金が15分単位で計算され、15分に満たない時間分は「タダ働き」させられていたという。労働協約は、1分単位で賃金を支払う仕組みに改め、アルバイトを含む従業員約70人に未払い賃金計約500万円を支払う内容という。高校生は「行動することが大きなことだと実感した」と話したそうだ。
また、フランチャイズ本部が提供している店の勤務管理システムが、15分未満の労働時間を切り捨てることができる仕組みは不適切として、ユニオンが15日、サークルKサンクスに改善を申し入れたとのこと。同社広報は「店には1分単位での賃金計算を推奨している。システムを見直すかどうかはコメントを控えたい」としているという。
こうした企業が他にもまだあるのかもしれない。ぜひとも改善していってもらいたいものだ。