充電できる路線バスが増加

すずめのキャラクター「にしちゅん」があちこちに顔をのぞかせるカラフルなラッピングバス。東京の多摩地区西部を中心に路線を広げるバス会社、西東京バスが2015年12月から運行を始めた「にしちゅんバス」だ。
「にしちゅん」は2014年度の「ゆるキャラグランプリ」でバス会社としては1位になったという同社のキャラクターだそうだ。2台ある「にしちゅんバス」はそれぞれ絵柄が違い、高尾山の天狗のお面をつけたにしちゅんや、羽村市や福生市などのB級グルメを手にした姿などが車体の側面などに描かれている。「乗って楽しい車をコンセプトにした」というだけあって、外観だけでなく車内にも座席や壁、天井までイラストが描かれ、子どもたちの人気を集めそうな「にしちゅんバス」だが、車内にはほかにも注目すべき点があるという。
中央のドアより後ろ、一段高くなった部分の窓側にはコンセントがズラリ。実はこのバス、車内で携帯電話やスマートフォンの充電ができる「電源バス」なのだ。コンセント付きの電源バスは「にしちゅんバス」2台を含めて23台。通常の塗装のバスでも前面に「電源バス」のマスクを掲げているので見つけるのは簡単だそうだ。現在のところ、八王子市やあきる野市など、奥多摩地区を除く各路線で走っているという。
「電源バス」が登場したのは2015年の7月。西東京バスは比較的長距離の路線が多く、「市街地まで20分以上かかる路線もある」ため、乗車時間の長い利用者に向けたサービス向上の一環として導入されたそうだ。コンセントの個数は大型車が12個、中型車が8個。電源はバッテリーから供給し、追加搭載したインバーターで家庭用電源と同じ交流に変換しているという。電源はスマホや携帯電話専用で、電気使用量の大きいパソコンなどは充電できないそうだ。
コンセント付きの路線バスは、他のバス会社でも導入が始まっているそうだ。京成グループの京成タウンバスは西東京バスより早く、2014年7月からコンセント付きのバスを運行しているという。こちらもコンセントは携帯電話・スマホの充電用とのこと。今後も新車の投入に合わせて増やしていく方針だという。
バス車内ではネット接続ができるWi-Fiサービスの提供も一般化してきた。Wi-Fiやコンセントの提供は「バス離れ」対策として注目されているようだ。